ホームページを公開する(サーバにアップロードする)

ここでは、ウェブサーバにあなたのページをアップロードする方法を説明します。

以下の説明は、あなたがウェブサーバを持っていて、そのウェブサーバのホストアドレス、ログインID、ログインパスワードを持っている、という前提で行います。

なお、ウェブサーバを持つためには、レンタルサーバ会社と契約する必要があります。独自にウェブサーバを立ち上げることもできますが、サポートなどを考えると、レンタルをする方が便利です。

アップロードは、専用のソフトを使用すると簡単に行うことができます。

例えば、FFFTPなどのソフトもありますが、HTML編集ソフトに付属している「FTP機能」を利用することも可能です。いずれかの方法を利用して、ウェブサーバに接続してください。接続の詳しい説明は、各ソフトウェアのマニュアルをお読みください。接続後、ウェブサーバのルートディレクトリ(ディレクトリとは、フォルダのことです)を開きます。

一般的なレンタルサーバと契約した場合、ルートディレクトリには「index.html(又はindex.htm)」というファイルがあるので、このファイルを目印にディレクトリを開いてください。

このルートディレクトリに、カスタマイズしたテンプレートをコピーしてください。

インターネット上で全てのHTMLファイルを見るには、全てのHTMLファイルをウェブホストのルートディレクトリに置かなければいけません。

また、全てのイメージはルートディレクトリ内にある「images」ディレクトリ内に、SWFムービーファイルは「Flash」ディレクトリに置かなければいけません。

以上の作業を行うことで、あなた独自のホームページをインターネット上で見ることができます。


Comments are closed.