WordPressテンプレートの適用方法(cherry_frame_work4)  その3 | ヘルプ

1.ご購入テンプレートの適用

cherry frame work バージョン4.0はテンプレートが2つありそれぞれ親子の関係となっています。
まずは親となるcherry frame work4をインストールします

ご購入頂いたフォルダーの中に入っているdocumentationではcherry wizardの使い方が説明されていますが
現在、日本ではcherry wizardは未対応となっております。(2017年2月現在)
下記の通りZIPやFTPを使ってテンプレートを適用する方法をご紹介します

親テーマの適用

1.ブラウザ上、ワードプレスのダッシュボードから操作します。

4-3-1

2.ダッシュボードの外観をクリックし、新規追加をクリック

4-3-2

3.テーマを追加横のテーマのアップロードをクリック

4-3-3

4.ファイルを選択をクリック

4-3-4

解凍したご購入されたテンプレートフォルダ内
themeフォルダの中のcherryframework4.zipを選択し開く

4-3-5

5.今すぐインストールをクリック

4-3-6

6.完了したらテーマのインストールに戻ります

4-3-7


子テーマインストール前の準備

※ テンプレートと重複する項目を防ぐため、事前に不要な項目を削除もしくは無効化します。

サンプル投稿の削除

ダッシュボードの投稿から投稿一覧を選択します。

4-3-8

投稿一覧から「Hello world!」と表示されている箇所にマウスを乗せるとゴミ箱が表示されます
「Hello world!」をゴミ箱へ移動します。

4-3-9

サンプル固定ページの削除

ダッシュボードの固定ページから固定ページ一覧をクリックします。

4-3-10

固定ページの一覧に表示されたページ全てに【チェック】を入れ、
【ゴミ箱】をクリック、表示されている固定ページをすべて【ゴミ箱】へ移動します。

4-3-11

サンプルウィジットの削除

ダッシュボードの外観からウイジェットをクリックします。

4-3-12

ウイジェット一覧が表示されましたら、
右側で有効化されているものをドラック&ドロップで無効化します。

4-3-13

以上でテーマ(テンプレート)インストール前の準備が完了しました。


子テーマ(購入いただいたテーマ)のインストール

ご購入いただいたテーマはFTPでアップロードしていきます

1.ご購入いただいたテンプレートの中のthemeフォルダ内、theme#####.zipを解凍してください。

4-3-14

2.1で解凍した、theme#####フォルダをそのままフォルダごと/wp-content/themesにアップロードしてください。

4-3-15

3.ご購入いただいたテンプレートの中のthemeフォルダ内のmanual_installの中にある
uploadsを/wp-contentにアップロードしてください。すでにuploadsフォルダがありますが、
こちらは親テーマをインストールした際に自動で作成されたもので中身は空ですので問題ありません。

4-3-16

4.theme#####.sqlファイルを修正します。

テキストエディタでmanual_installの中にあるtheme#####.sqlファイルを開きます。
4-3-17

エディタで開くとたくさんの文字が表示されます。

4-3-18

your_website_url_hereをあなたのサイトのURLに一括置換してください。
その際、最後のスラッシュは不要です。
例えば、あなたのサイトURLが、「http://www.example.com」の場合は、
「http://www. example .com」としてください。「http://www. example.com/」は
最後にスラッシュがついていますので、取り除いてください。

4-3-19

your_website_url_hereで何もヒットしない場合your_url_website_hereなどと
製作者さんにより、少し語順が違う場合がございますのでご確認ください。
置換ができたら上書きで保存しファイルを閉じて下さい。

※おおよそ900個ぐらいヒットしますので検索・置換はは重たくなることがあります。

5.事前準備で用意したphpMyAdminでthemexxxx.sqlファイルをインポートします。

WordPressインストールで指定したデータベースを選択し、
インポートタブからアップロードファイルでthemexxxx.sqlファイルを指定し、実行します。
※dumpファイルのインポートにより、Webサイトデータが全て消えます。
必ずバックアップをとってから作業を行ってください。

4-3-20

正常にインポートが完了しました。

4-3-21

プラグインのインストール

ブラウザであなたのサイトを開いてみましょう。

4-3-22

購入したテンプレートのデザインは反映してそうだが、コードがいっぱい見えている。。。

ダッシュボードのボタンが表示されていない。。。

ご安心ください。プラグインをインストールすれば大丈夫です。
 

contact-form-7について
contact-form-7は更新が速くすぐれたプラグインです。
そのため、ご購入頂いたワードプレス本体のバージョンと最新のcontact-form-7では
整合性がない場合があります。ここから次に進む前にダウンロードしたワードプレス本体のバージョンに合う
contact-form-7をダウンロードしておき、先にpluginsフォルダにアップロードされておくことをお勧めします。

ダッシュボードに入りましょう

1.ブラウザのアドレスバーに表示されているurlの末尾に/wp-login.phpと入力してください

4-3-23

2.ユーザー名とパスワードを入力すればダッシュボードが表示されます

4-3-24

3.表示が英語のダッシュボードになっているので日本語に変更しましょう

settingをクリック。

4-3-25

サイト名も自動で上書きされているのでご希望のサイト名に変更しておきましょう。

4-3-26

さらにページ一番下にsite Languageがありますので

そちらで日本語を選択し保存してください。

4-3-27

プラグインを適用しましょう

4.ダッシュボードに表示されている”Begin installing plugin”をクリックします

4-3-28

5.すべてチェックしてインストール、適用をクリック。
インストールに少し時間がかかりますのでそのままお待ちください。

4-3-29
4-3-30

プラグインインストールの完了が表示されればワードプレステーマの導入は完了です。

きちんと表示されているかサイトを表示から確認してください。

4-3-31
4-3-32

以上でテンプレートの適用はすべて終了です!お疲れ様でした。

※ここでインストールをしたプラグインはすべて最新バージョンとなります。
もしプラグインインストールあとにエラーでサイトが表示されない(http500など)
場合はプラグインのバージョンに問題があることが考えられます。
エラーが出た場合はWordPressCodexを参考にされてください。

『このページは、WordPressテンプレートのためのプロモーションサイトです。WordPressのサポートや動作保証をするわけではありません。』


Comments are closed.