Mac OS Xにフォントをインストールする

注意:ネイティブ環境でフォントを使用する場合には、ATM(Adobe Type Manager)をインストールする必要はありません。Classic環境での使用時のみ必要となります。

Mac OS XはType1とOpen TypeフォントをOS自体がサポートしているため、他の種類のフォントと同じ方法でインストールできます。
ただし、OS XのシステムにインストールされたフォントはClassic対応のアプリケーションからは使用できません。
OS Xネイティブ環境下のフォントはすべてのユーザーからアクセス可能です。

フォントをインストールする前に、実行中のアプリケーションをすべて終了します。

インストールしたいフォントを含むフォルダを開きます。

アドビ Open Type フォントをオンラインで購入した場合は、ハードディスク上の一つのフォルダに展開されます。
複数のフォントパッケージを購入した場合は、フォントごとにフォルダが割り当てられます。

それぞれのフォルダからフォントファイルをすべて以下の場所に移動またはコピーします。

“/Library/Fonts/”

注:フォントファイルは階層を増やさず、必ず上記フォルダの直下に置きます。

フォントのインストールが完了し、カーボンおよびネイティブアプリケーションのフォント一覧メニューにインストールしたフォントが表示されるようになります。


Comments are closed.